エージェントが教える看護師の再就職ガイドTOP > みんなの体験談 > 経験年数1年未満の転職経験談

経験年数1年未満で転職をした井上さんの体験談

体験談(1年未満)

私は看護学校を卒業後、東京へ上京し最初に就職をしたのですが、最初の病院をあっさりと退職しました。

なんと、経験年数1年未満の転職となってしまいました。

経験したのはたったの10ヶ月・・・
1年未満で退職する看護師さんは少ないと思っていましたが、意外といらっしゃるようですね。

前置きが長くなってしまいましたm(_ _)m

私が退職を決意した理由

私は宮崎県の田舎から東京の総合病院に就職したのですが、「環境に馴染めなかったこと」「プレッシャーに負けた事」
が原因で、たったの10ヶ月で退職をしました。

卒業したばかりの何もわからない新米の看護師にとって、都会の大病院は全く合わない環境でした。
日々の人間関係、患者さんとの関係など毎日が嫌で嫌で仕方がありませんでした。

それに加えて、日々のプレッシャーにも押しつぶされていました。
仕事が出来い私は何をやってもどんくさくて怒られるし、毎日プレッシャーとストレスと戦っていたように思います。

当時は「鬱(うつ)」という言葉はなかったように思いますが、
そんな状態で食事は喉を通らないし、体重は減るわで大変でした。

そして、このままじゃ身体が持たないと思い退職を決意したのでした。

3ヶ月の休養後、私が就職した先は・・・

その後、求人広告から看護師を募集しているという一般企業に就職をしました。
当時は今のように便利な「就職サイト」はなかったように思います。

病院ではない職場で、看護師の仕事を初めて体験。
当時は看護師って働くことができる幅が広いなぁと感じました。

専用の小型バスに乗り込み、目的地である工場や会社などに出向し、一般企業の社員の集団検診を行う仕事でした。
看護師は、行列を作って集団検診をする人たちの採血をしたり血圧を測ったり、検尿を調べたりします。

レントゲン技師も同行し、胸部レントゲンを撮ります。
集団検診は大抵は午前中で終わるので、集団検診をした職場で食事をご馳走になりました。

そして、午後からはまた別の職場を訪問します。
毎日、その単純作業の繰り返しでした。

病院で働く時のように、患者さんに気を使って看護するということは皆無でした。
その仕事で関わる人たちは、基本的には健康で働いている人たちなのです。

やりがいという点ではありませんでしたが、精神的に本当に楽でした。
夜勤もなければ残業もないですし、患者さんのことで頭を悩ますこともありません。

日曜日や祭日はもちろん休みでしたし、スタッフが無理しなくても良いよう余裕のあるスケジュールを組んでいましたし・・・
何よりも病院のように患者さんの数も多くないので、スタッフの数も少ないため仲良く仕事が出来ました。

子供を育てていたり、家庭を持つ看護師には最適な職場だと思います。
精神的にも肉体的にも楽に働くことが出来ますから。

ただ看護師としてプライドを持って働きたい人や、キャリアアップを求める人には不向きと言えます。
結局、私はその職場を、1年数ヶ月でやめて故郷の病院で働くことにしました。

日々の単調な生活が何となく不安になり「これからどうなるんだろう」という気持ちが湧いてきて、
今後のキャリアや給与面を考えて再度病棟への就職をすることにしました。

再就職後

この後、最終的に2つの病院に務めるわけですが、今では「どの決断も間違いではない」と思っています。
1年未満で辞めたことも正解だったと思っていますし、その後は人間関係に悩むことも少なく満足しています。

どうしても自分に合う環境と合わない環境はあるのだと思います。
これは看護師に限らずだと思います。

もし1年未満の経験だから辞めるのに迷っているなら勇気を振り絞ることも大切だと思います。
辞めることは甘えだ!という人もいますが、身体を壊して「看護師なんかなるんじゃなかった」と思う方が人生にとってマイナスです。

もしも人間関係に参っていたり、環境が合わないけど「経験が少なくて転職できるか不安」と思っているなら、まずは行動に移すことが大切です。
今は私のときよりも就職環境が整っていることもありますしね^^

私のときは今のように便利な就職サイトがなかったのですが、私が再就職をしたときはエージェントのありがたさを身にしみて感じました。
もし現在も勤めているなら働きながら次の転職先を探す行動がベストな選択になると思います。

是非、周りの声に耳を傾けるのではなく、自分の心と向き合ってベストな選択をしてくださいね。
それによって転職を決意するなら就職サイトのエージェントは心強い味方になると思いますよ^^

1年未満の経験で転職できるの?

私が1年未満で退職をしたのは今から10年以上も前のことです。
当時は今のように就職サイトがあったわけではなく、新聞や地方紙の広告を利用して転職をしました。

当時と今を比べると看護師の需要は非常に高く、転職市場はひらかれており、エージェントを利用すれば働きながらでも転職が十分に出来るようになりました。
また、1年未満だからと今の辛い職場で我慢をしなくても、同じ境遇の看護師さんを支援してきたエージェントに頼ってみてください。

あなたにピッタリの就職サイトを診断しています

就職サイトの診断