エージェントが教える看護師の再就職ガイドTOP > エージェントが教える成功ポイント > 30歳代看護師の転職方法と注意点

30歳代看護師の転職方法と注意点

ブランクあり再就職の不安

30歳代での看護師さんは、プライベートの変化による転職が多くなります。

例えば結婚や出産、もしくは離婚、そして子供が保育園から小学生へと各々の変化によって働き方も変える必要が出てくるのです。
つまり、外的な要因に影響される転職と言えます。

看護師さんは基本的に売り手市場ですので、転職方法が限られてくるということもありませんし、求人がぐんと少なくなってくることもありません。

但し、お子さんの関係となってくると、仕事内容よりも勤務時間や通勤時間などが大切になってきます。

仕事を探すエリアが狭くなってしまいますので、地方の求人誌、例えばタウンワークやアイデムなどを中心に活用することをお勧めします。

また、託児所の有無や残業時間なども大切になってきますので、紹介会社も同時に登録し情報収集することも大切です。

20歳代の転職では、希望する仕事内容を自分で探すか信頼できる特定の転職エージェントに紹介してもらう方法が良いのですが、30歳代では情報収集する方法を出来る限り多く持つことが大切です。

30歳代の看護師さんの希望条件は、プライベートにおける制限が出てくるケースが多くなりますので、情報収集のアンテナは多いにこしたことはありません。
但し、情報を精査することが大変になりますので、情報に踊らされることがないように気をつけてくださいね。

就職サイトの診断